読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日あの時あの場所で

頭の中

寝れないから日記でも書こうと思った


なんだよ、かまってちゃんかよファック!!!
って思ったらAlt+←を押してくれ



高校3年の冬のことです
その日俺は遅刻をした
その上遅刻するくらいなら休もうとしてたのが先生に伝わっていた

いつもなら先生は俺を殴って説教してくるのですがその日は違った

先生は静かに
「この三年間お前に教えたのはハンドだけではなかった。人として大切なことも教育してきたつもりだった。
お前には伝わらなかったのか、残念だよ。」といった。


涙が出てきた


好きではないが尊敬してた先生の
よくも悪くも熱い指導に必死に三年間ついてきたつもりであった
人を怒るには愛情が必要であるというが
毎日毎日怒ってくれた先生の愛情にこたえれなかった自分が悔しかった
怒ってもらえない怖さをしった

そのあともなんやかんや言ってもらえたが
涙が止まらず先生の目を見るが精いっぱいで耳には入ってこなかった
鼻水もぐじゅぐじゅであった


その後なんちゃって8組の私も大学に受かり今に至るが
あの日のことは忘れられないものである
卒業の時、次会うときには就職も決まった時に
成長した自分を見せたいと思っていたが
まだ時間はかかりそうだ





けどまぁ先生のことだから俺を見たらとりあえず

       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ

  • ‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人

とか言いいそうな気がする。

てか俺のことまだ覚えてるのかな(´・ω・`)